日々の研究や水処理のアレコレなどを綴ります

オリジナル開発サービス

「天城抗火石散水ろ床方式」採用の新設排水処理施設完成

 2023/11/21   

こんにちは。澤本享宏です。

7月から工事していた弊社独自の「天城抗火石散水ろ床方式」を採用した、新設の排水処理施設が10月初旬に完成しました。

今回は地元石川県の乳業屋さんの工場新設に伴い、排水処理施設も新設することになりました。
その乳業屋さんの排水の詳細を紹介いたします。

計画水量:400㎥/D

BOD濃度:1000ppm

SS濃度:150ppm

COD濃度:240ppm

上記の数値をもとに以下の内容で設計いたしました。

散水ろ床槽:1槽あたり17㎥×4槽

循環槽:75㎥×4槽

散水ろ床法式を使うことで、BODは99%除去することが可能です。

また廃水中には、年々多糖類の流入が増しています。
多糖類の分解は限られた生物低分子時は糸状菌、高分子時は放線菌が優先種になる場合があります。

そこで弊社の散水ろ床で使う抗火石から溶出するSiO4(オルト珪酸)を利用する事により、この問題は解決可能です。

「天城抗火石散水ろ床方式」は環境省のETV事業でも実証されており、排水処理プラントの性能の実証実験を行った際には、次のことが実証されています。

  • 散水ろ床槽によるBODの濃度減少率は、定期試験で平均94.5%、日間水質水質試験で、夏季平均92.3%、冬季平均 91.7%であった。 また 、CODの濃度減少率は、定期試験で平均 85.1%、日間水質試験で夏季平均 80.3%、冬季平均 89.3%であった。
  • 放流水質濃度では、BOD、SSに おいて定期試験、日間水質試験ともに実証する性能を満たし、CODでは 冬季の定期試験を除き 概ね実証する性能を満たした。
  • 夏場の臭気もなく、冬場の気温が低下しても安定的な処理能力が実証された。

実証実験の詳細は弊社のウェブサイトをご覧ください。
環境省ETV実証事業「天城抗火石散水ろ床法」詳細はこちら

今回の新設工事を行ったお客様も、前工場では糸状菌・放線菌などが多く排水の安定化が出来ず悩んでいらっしゃいました。
糸状菌や放線菌はもちろん、水量・BOD・ノルヘキなどの負荷が増加し前処理を検討している等のお悩みがあり、処理方法をご検討されているのであれば、是非ご相談ください。

すぐに駆けつけ、現場でのお打ち合わせや負荷計算等行い、改善策をご提案させていただきます。

お問い合わせフォームはこちら

タグ: , , , ,

woodbeがグッドデザイン賞2023を受賞しました

 2023/10/31   

弊社の改質水を用いた、高速木材乾燥サービス「woodbe」が、グッドデザイン賞2023を受賞いたしました。
そして、10月25日にはグッドデザイン賞の発表会に参加してまいりました。


フルタニランバー古谷社長とご一緒に記念撮影

弊社は
『ディレクター:株式会社澤本商事 代表取締役 澤本悟博 / 株式会社大門システムズ 代表取締役 大門明夫』
として受賞いたしました。
デザインとは縁遠い会社でしたが、このような賞が頂けるとは光栄です。

デザインのポイントとして、以下の点を評価していただきました。

1. 木材の商品化サイクルを上げることで国産材のシェア拡大と 活用促進を図ること
2. 林業従事者の担い手不足と山林荒廃の回復を図ること
3. 持続可能な 循環型社会構築すること

 
天然乾燥で4~6ヶ月時間を要す乾燥が、woodbeでは人工乾燥により1~3週間で仕上げることが出来ます。
国産材の利用が高まり、林業の発展→森林の保全へとつながり、川、海の保全にもつながっていく事業となります。

ちなみに、今年のグッドデザイン賞では、地域課題解決として多くのテーマが受賞されていましたが、共生、共創、を通じてのビジネスモデルが冴えていたように見えました。
その中でも2023グッドデザイン大賞が素晴らしいので、こちらも是非ご覧ください。
2023グッドデザイン賞大賞「老人デイサービスセンター 52間の縁側」

<52間の縁側のポイント>
・制度に頼るのではなく、地域で助け合う共生型デイサービス。
・カフェや寺子屋、デイサービス、公衆浴場といった様々な人々が行き交う「まち」のような建築
・様々なアクセスのある地域と施設をつなぐ縁側。みんなで過ごす地域の縁側。誰もが佇める一人一人の縁側

 
 
なお、woodbeは実績も着実に伸びていますので、グッドデザイン賞の名に恥じぬよう、サービス向上に努めてまいります。

▼woodbeの詳細や弊社へのお問い合わせについては、以下のページをご覧ください。
https://www.sawamotoshoji.jp/woodbe/

▼woodbe公式サイトはこちら

タグ: , , , , ,

硫酸タンク工事・弊社独自の「天城抗火石散水ろ床法」

 2023/05/23   

皆さま、こんにちは!澤本商事の澤本剛希です。

今回は富山県にある飲料会社様の硫酸タンクの入替補修工事を、5月22(月)、23(火)の2日間に渡り行いました。

元々この飲料会社様はpH値が低く、適正値に調整するために苛性タンクを導入されていました。
しかし、原水の水質変化に伴いpH値が高くなってきた為に、今回硫酸タンクへの入替工事を実施することとなりました。


左:苛性タンク
右:硫酸タンク

実は排水処理の中で、微生物の活性を促すには、pH値を一定の範囲で調整・維持することが非常に大切な事の1つなのです!

弊社は、長年の排水処理場の改善運用に携わっており、pH値の調整や微生物の活性についても様々な事例や実績がございます。
微生物の活性状態についてお困りの方へアドバイスをさせて頂いておりますので、是非お問い合わせください。
なんでもお答えいたします。

実はもう1つ今日はお伝えしたいことがあります!

この飲料会社様は弊社独自の排水処理プラントである、
「天城抗火石散水ろ床方式」を導入されています。

この飲料会社様は下水放流で、入れさせていただいてる散水ろ床方式の主なフローとしては、
原水槽 → 調整槽 → 散水ろ床槽 → 処理槽、という流れになっています。


調整槽


散水ろ床1槽目


散水ろ床2槽目


処理槽

ここでお気づきの方もいらっしゃるかとは思いますが、弊社独自のプラント「天城抗火石散水ろ床方式」を導入して頂くと、下水放流の場合、沈殿槽と脱水機を設置しなくても処理が可能です。
ちなみに、「天城抗火石散水ろ床」は、環境省のETV事業で環境技術として実証されています。
環境面や安全面に配慮されたプラントシステムなのです。

ETV事業についてはこちら

導入していただいたお客様から一番寄せられるお声が、
・現行設備に追加でき、導入前よりも処理能力が上がった
・イニシャルコストを低く導入できた
・ランニングコストが下がった(汚泥処分費、薬剤費、人件費)

の3点でした。

年々上がっていく脱水汚泥の産廃費用や電気代、沈殿槽の汚泥界面上昇など、、、このようなお悩みを改善できる可能性がありますので、ご興味のある方、そもそも「散水ろ床方式」とは?という方でも、一度お問い合わせ頂ければと思います。

 

天城抗火石散水ろ床法の詳細はこちら

お問い合わせフォームはこちら

弊社会長共著「水の生命力・理論と実践」出版記念講演会

 2023/02/27   

弊社会長、澤本三十四共著の「水の生命力・理論と実践~SDGsの土台となる二様態水の精神作用と応用法」の出版を記念して、講演会が開催されました。
「改質水」「カーボンミネラル」「氣」といった3つのテーマに沿って、水の構造から導く効果の実例とSDGsへの展開・展望を講演しました。

澤本三十四会長
澤本三十四会長(2023/2/19講演会にて)

講演後もふくめ、普段からよく質問をいただくのが、「改質水」についてです。
「改質水ってなに?」「水道水とどう違うの?」など、よく聞かれます。
改質水とは、水道水や井水を、弊社ブランドの天城抗火石で濾過し、粒子を細かく、動きの活発な水に改質させた水のことです。
現在、一般家庭などで使われている水道水や浄水といった様々な種類の水がありますが、この改質水は、排水処理性の悪化対策や切削の加工精度向上など、さまざまな改善に役立つ水として、各業界で取り入れられています。
改質水についての詳細は「浄水から改質水へ」のページをご覧ください。

弊社では、この改質水製造装置として、「Eiddy(エイディ)」を独自開発しております。

このEiddy(エイディ)は、木材乾燥や切削加工、飲食店、病院など、様々な分野で活躍の場を広げています。

Eiddyについての詳細は「Eiddyシステム」のページをご覧ください。

ちなみに、このEiddyは、一般家庭向けの仕様もございます。
さらに、もっと気軽に日常に取り入れていただけるように、「天の水ウォーターサーバー」としても販売しています。


天の水ウォーターサーバー

こちらも、弊社の天城抗化石を用いて水道水を改質するもので、飲料、料理等にお使いいただける改質水製造サーバーです。

詳しくは、爽ラボ「天城抗火石ウォーターサーバー」のページをご覧ください。

弊社では、このように水のプロとして、排水処理、農業、切削加工など、各種業界の困りごとの改善に尽力してまいりました。
また、事業だけにとどまらず、全ての人に美味しく安全な水を、との想いで商品開発をしています。
一度、お使いの水を分析してみませんか?新たな課題や改善策が見つかるかもしれません。
ぜひ、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら

弊社会長の本も、ぜひお手に取ってみてください。

水の生命力・理論と実践~SDGsの土台となる二様態水の精神作用と応用法

沈殿槽改修工事

 2022/12/16   

飲料工場の沈殿槽改修工事を行いました。

40年間使用された減速機、歩廊、配管類を

一新致しました。

改修工事前 

解体工事中 

搔き寄せ機 

沈殿槽改修工事完了 

センターウエルに弊社のノウハウが詰まっています。

それは・・・お問い合わせください。

工事までの工程
現場調査→設計→見積→予算取り→受注→工事工程決め→施工→試運転調整→稼働
今回は7か月程度要しています。
工事期間は3日間でした。
弊社スタッフも増員し、今後も排水処理の工事力を入れていきます。
是非ご相談ください。

お問い合わせフォームはこちら

タグ: , , , ,