日々の研究や水処理のアレコレなどを綴ります

C/Nバランス調整

曝気槽の泡

 2022/12/17   

お客様から「曝気槽にムース状の泡が増加して困っている」

とご相談がありました。

早速排水処理の現場を観察。

曝気槽泡

 

ムーズ状の泡

 

顕微鏡を観察

放線菌

 

やはりでした。

放線菌の繁殖が原因でした。

分散汚泥フロック

 

汚泥フロックも分散気味となり、

汚泥フロックにも放線菌が絡みついています。

放線菌は油分(動植物油)が多いときに発生します。

また放線菌がミコール酸(油脂分)を出しムース状の発泡となります。

沈殿槽の水面にも増加し透視度が悪くなります。

沈降性も悪化します。

弊社の対策は

ph

油脂分解

C/Nバランス調整

曝気槽内環境を変えるだけで放線菌は減少します。

当然泡も減少します。

他の微生物にも悪影響がある殺菌剤などは使用いたしません。

安全な方法で微生物・環境にも優しい対策を行います。

放線菌でお悩みの担当者の皆様ご連絡お待ちしています。

お問い合わせフォームはこちら

タグ: , , , , ,