日々の研究や水処理のアレコレなどを綴ります

油脂分解

曝気槽・沈殿槽での油分固着はこれで解決!

 2024/01/24   

こんにちは、澤本享宏です。

先日、あるペットフードの会社様から「油分の固着に困っている」と、お問い合わせをいただきました。
現場に訪問したところ、曝気槽だけでなく、沈殿槽でも油の塊が固着している状態でした。

沈殿槽で油が固着

↑沈殿槽の様子

実際に顕微鏡を見たところ、油分が残留し放線菌も発生していました。

油分残留の様子(顕微鏡)

↑油分残留の様子(顕微鏡)

放線菌の様子(顕微鏡)

↑放線菌の様子(顕微鏡)

まずは油の分解が急務でしたので、弊社の油脂分解材のSANA-油トールBを使用しました。

SANA-油トールB

SANA-油トールB

油トールBを投入してから曝気槽で油の分解がかかり、沈殿槽で油が浮くことがなくなりました。

油トールB

↑油トールB投入後の曝気槽

上記のように、油脂分解には油トールBは効果てきめんです。

排水処理場の困りごとは待ったなし!
すぐに駆けつけ、現場調査、水質検査、ラボテストまでを無料でさせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

排水処理の水質検査

水質検査や現場検査などのお問い合わせはこちら

タグ: , , , , ,

曝気槽の泡対策の改善結果と効果的だった資剤

 2023/06/28   

2023.1.31に投稿した泡対策の記事のその後になります。

①ph
②油脂分解
③C/Nバランス調整
の対策を同時に行いました。

更に沈降性が改善されるように、空気量、返送量、MLSSなどの運転管理面も変化させ、対策いたしました。

SV30値は以下のように変化・改善しました。
2023.1.31日のSV30値・・・86%
  ↓ ↓ ↓
22023.6.18日のSV30値・・・68%

▼沈降性改善の様子

▼曝気槽1層目(粘性・臭気低下)

▼曝気槽5~6層目(酸素溶け込み良好)

曝気槽の状態は、1槽目は油分など負荷の高い排水のため泡は発生していますが、以前のような粘り気が減少していました。
また油分などの臭気も発生していません。

2~6槽はほとんど泡が無く粘性が低下し、酸素の溶け込みが良くなったため、空気量も10%程度削減できました。
(電気代の削減に繋がります)

対策資剤は以下となります。

油脂分解剤で使用したのはSANA-油トールBです。
澤本商事オリジナル特注品の、油脂分解の前処理剤です。
曝気槽のn-Hex減少の効果があります。
グリストラップから大規模排水処理場まで、対応可能です。
▼SANA-油トールB

油トールB

C/Nバランス調整に使用したのはSANA-N改1-SWです。
油脂や粘質が多い原水で曝気槽に粘性が発生したときや、BOD負荷が高い場合の栄養バランス調整剤です。
▼SANA-N改1-SW

SANA-N改1

対策資剤の選定も澤本商事で行っています。
排水処理場の困りごとは待ったなし!
すぐに駆けつけ、現場調査、水質検査、ラボテストまでを無料でさせていただきます。
お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォームはこちら

タグ: , , , ,